ノウハウを支えるノウハウ

 

働きながら雑記ブログで月間100万PV達成してるから、自分なりのアクセスアップの方法・考え方を全部書く

働きながら雑記ブログで月間100万PV達成してるから、自分なりのアクセスアップの方法・考え方を全部書く - 今日はヒトデ祭りだぞ!

 

わかりました。

わかりましたけど、そのノウハウを続けていくためのノウハウこそがよっぽどノウハウなんだよ。

そういうテクニックはわかったけど、なんでそれを続けられんのっていう。

このノウハウ自体に価値があるのは読めばわかるんだけど、このノウハウを運用し続けるヒトデさんにこそ価値があるんだよ。

そうするとノウハウに書いてあるそれ自体にはあまり意味はなくなってしまって、ノウハウは属人的なものに帰することになる。

俺もよくやる手法なんだけど、「これがおまえにできんのか、やれるものならやってみろ!」って、言ってやり方を公開する手法ですね。

実際、相手はできないですね。なぜなら、ノウハウを支えるノウハウを知らないから。

使い方が合っているかよくわからないけど「公開鍵暗号」みたいなもの。

ノウハウを支えるノウハウは、人格的な領域に密接に結びつきがあるから、自分でもあんまりよく説明できない。

例えば、「学校とは、単に知識を教える場所じゃない」といったときのそれがこれに当たる。

例えば、「そんな呑気なこと書いてて、アフリカで飢えている子どものことが気にならないの?アフリカで飢えている子どもを横目によくそんな呑気なことを書いていられるね」って、俺は思ってしまう。

この時、「アフリカで飢えている子どものこと」をどうやって脳内で処理するかが、俺にとってのノウハウなわけですよ。